1. HOME
  2. ブログ
  3. ウイスキーの飲み方(ハイボール)

ウイスキーの飲み方(ハイボール)

北千住のオーセンティックバー「Bar Brass(バーブラス)」です。

2月に入りました!もうすぐ節分です。

大人になると、あまり節分は意識するイベントではなくなりますね。

節分は「季節を分ける」という意味で、立春の前日のこと。

こんなにも寒いですが、暦の上ではもう春が近づいているんですね。

 

さて、今日も「ウイスキーの飲み方」についてご紹介させて頂きます。

●ハイボール

一昔前まではハイボールと言えばおじさんの飲み物でしたが、

CMなどの効果で若者にもハイボールが浸透してきました。

ウイスキーの美味しさをハイボールで知ったという方も居るかもしれませんね。

ハイボールは ”日本では一般的に” ウイスキーのソーダ割り。

というのは、ハイボールはもともと、蒸留酒を水やソーダ、ジュースなどで

割って飲みやすくしたもののことなんです。

焼酎のソーダ割りは、焼酎ハイボール→酎ハイと呼ばれているように、

ハイボール=ウイスキーのソーダ割りではないんですね。

しかし日本ではいつの間にかウイスキーのソーダ割りだけを

ハイボールと呼ぶようになりました。

レモンを絞ったり、レモンスライスを入れることもあります。

キリっと冷えたハイボールは、ウイスキー本来の味わいやコクが際立ち、

割っているので軽く飲める飲み方です。

居酒屋などでも当たり前に置いてあるハイボールなので、

「ハイボールは飲んだことがあるけど苦手!」という方もいると思います。

しかし一度プロが作ったハイボールを飲んでもらうと”別物”であることが分かります。

バーではただ「ハイボール!」ではなく、どの銘柄にするかオーダー頂く必要があります。

「スコッチだと何がハイボールに合う?」「ジャパニーズでオススメを」

などお伝えいただければ、バーテンダーがご紹介させて頂きますので、

お気軽にお申し付けくださいね。

 

【店舗情報】
Bar Brass(バーブラス)

東京都足立区千住3-33
北千住駅西口より徒歩5分
営業時間:18:00~3:00
定休日:日曜
TEL:03-3882-3322

関連記事

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。

Access

BAR Brass

BAR Aes